屋根メンテナンスの必要性

屋根メンテナンスの必要性

屋根リフォームは、瓦の葺き替えだけだと思っていませんか?
屋根メンテナンスの必要性

屋根は建物・住宅にとって最も重要な役割をもっているのです。 大切なお住まいで長く快適に暮らすためには、屋根リフォームはとても大切なことなのです。メンテナンスをきちんとしないと、建物内部まで痛んでしまいます!

基本的なことですが、とても大切なことです。 屋根は日々、太陽光(紫外線)や雨風、排気ガスなどに汚され傷つけら れています。塗装をきちんとして、定期的なメンテナンスを行なわないと、結果的に大事な建物に住めなくなってしまう恐れも大いにあります。

屋根リフォームには当然、美観をキレイに保つ目的がありますが、工事本来の目的は、「お住いの寿命を伸ばす」&「二次被害を防ぐ」、この2点です!

周辺地域(久留米・筑後・広川・八女・みやま・大川・柳川・大牟田・南関・玉名・和水・山鹿・長洲・荒尾)の皆様、塗装の本来の目的は、建物を防水して建物の寿命を延ばすことが目的なのはご存じと思います。 メンテナンスを軽視してしまうと、破損箇所からの浸水により、大事な柱が腐ったり、シロアリの巣になったりと、二次被害の恐れが高まります。 ここで簡単な建物のチェック方法をご案内致しますので塗装のタイミングの参考にしていただければ幸いです。

外壁&屋根の簡単なチェック

日頃からご自分で点検を行ってください。(※年に一度行っていただくほうがBEST)
なお、高所などの危険な場所は、お客様自ら点検を行うことは避けるようにしてください。

点検内容 点検項目 メンテナンス時期(目安)
塗装表面の状態 色褪せ、コケ、落ちなくなった汚れ、塗膜の亀裂・剥離(はくり)等 瓦塗替え5~15年
外壁材の状態 外壁材の破損・地震などによって発生した釘(クギ)留め部分の亀裂など 出来ればその都度、張替えた補修した方が良い。
シーリング部分の状態 シーリング材本体の劣化によるヒビ割れ、剥離(はくり)など 出来ればその都度、打ち替えた方が良い。
外観と性能を保つためにはメンテナンスを!
外観と性能を保つためにはメンテナンスを!

外装材は太陽光や雨や風など過酷な環境にさらされています。サイディングは表面にそれに耐える塗装がされていたり、外壁材の間には防水用のシーリングが施され家を守っていますが、それも永久的なものではございません。ですので、メンテナンス(再塗装、シーリング材の打ち替え)をおすすめしております。

点検実施時期

瓦の材質で経年変化が変わります

外装材は各部位によって劣化の早さが違います。
劣化の早いものは、ひどくなる前にメンテナンスし、費用を最小限にしましょう。

瓦の材質と点検・改修時期の目安

タイトル メンテナンス部位 点検時期(目安) 改修時期(目安) 外観写真(一例)
粘土瓦 屋根材平部 10年 30年 粘土瓦
屋根材役物部分 10年 20年
メンドシックイ 10年 15年
水切部位 10年 10年
カラーベスト
(一級品)
屋根材平部 10年 10年 カラーベスト(一級品)
屋根材役物部分 10年 10年
水切部位 5年 10年
セメント瓦 屋根材平部 10年 25年 セメント瓦
屋根材役物部分 10年 20年
メンドシックイ 10年 15年
水切部位 10年 15年

※上記の目安はあくまでも目安です。

太洋瓦総工は「誰かに紹介したくなる仕事」を目指し、実践します。

当社は、屋根瓦工事&瓦屋根・板金屋根・瓦葺き替え工事や雨漏り補修、屋根塗装のプロです。
もちろんお見積り、建物劣化調査、ご相談は「無料」です。

周辺地域(久留米・筑後・広川・八女・みやま・大川・柳川・大牟田・南関・玉名・和水・山鹿・長洲・荒尾)で屋根瓦工事&瓦屋根・板金屋根・瓦葺き替え工事や雨漏り補修、屋根塗装なら太洋瓦総工へご相談下さい。

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! 受付時間(8:30~19:00) フリーダイヤル:0120-080-240
  • お問い合わせ