大牟田市 歴木において屋根瓦の葺き替え   太洋瓦総工

 三月になり、暖かい朝の着工です。

着工前  着工前日の様子です。

資材や道具搬入のついでに瓦止めの金具を取り外して明日の準備をしておきます。

 

 H.28.3.3

 

 

 

 

瓦降ろし 瓦剥ぎの様子です。ダンプは二台・・・クレーンを使っての作業と屋根から投げ降ろしの分で順調な進み具合です。

 

 

 

 

 

 

 

野地板上げ 瓦の処分が終わり、古い桟木やルーフィングの処分準備中です。

重ね張りのための野地板を屋根に上げています。

クレーンは午前中で帰りますから段取りよく作業する必要があります。

 

 

 

 

 

 

野地板 重ね張り 野地板張りの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

野地板 重ね張り尾完了

 野地板張り 完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフィング張り完了 ルーフィング張り完了です。

本日の作業はここまでです。

 

 H.28.3.4

 

 

 

 

 

桟木打ち

  瓦を並べるための桟木を打ち、割り付けのしるしを付けます。

桟木には、当然水抜きの為の溝切りがしてあります。

水抜き桟木を使用する理由は、台風時、飛来物によりもしも瓦が割れたとしても降った雨が

軒先まで流れて雨漏りしにくいように・・と考えてのことです。

 

 

 

 

屋根下地調整

 屋根の角(すみ)の部分の直角が極端に違います。

誤差はなんと75ミリ。このままでは瓦を葺くことは出来ません。

下地を調整して直角を作ります。

  H.28.3.5

 

 

 

 

シート張り

     瓦を上げる準備はすべて整いましたが、運送屋の関係で瓦の搬入が遅れそうです。

ブルーシートを張って、搬入を待つことにします。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきました。ありがとうございます。

 

 H.28.3.7

 

 

 

瓦上げ   やっと瓦の搬入ができました。

 使用する瓦は三州の陶器瓦で緩勾配対応の素晴しい瓦です。 棟は従来の積み上げる工法はなく、簡素で経済的な 7寸丸仕様の強力棟となります。

 

 

 

 

 

 

瓦上げ 3  ほぼ瓦を上げ終わりました。昼から地葺き(瓦並べ)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

地葺き 当社では、瓦葺きの割り・・(寸法)を極力縮めて、固く葺いています。

緩く葺けば効率よく早く仕上がりますが、お客様の立場で考えた場合は、どうしてもこのような仕様になります。 説明すれば当然、納得して喜んでいただけます。

 

 ※ 写真はクリックすれば拡大します。瓦のかみ合わせ具合をご覧ください。

  H.28.3.12

 

 

地葺き完了 地葺きがあらかた完了しました。

 

 明日は谷切り、隅切りなどを行います。

 

 

  H.28.3.13

 

 

 

強力棟施工準備 昨日はカメラを忘れたので、写真がありません。

今日は強力棟の施工準備を行いました。

 

 

 H.28.3.15

 

 

 

 

完工 瓦工事は完了しました。

あとは、破風板や板金の塗装と雨樋の施工ですが、しばらく間を空けさせていただきます。

 

 

  H.28.3.17

 

 ※ すべての写真はクリックすれば拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! 受付時間(8:30~19:00) フリーダイヤル:0120-080-240
  • お問い合わせ