大牟田市唐船において棟漆喰の修理です。 太洋瓦総工

 また、遅れての更新です。

 

棟メンド   棟のメンド漆喰がほとんど外れかかっています。

ほかの業者さんが来て、漆喰塗りの見積もりをされたそうですが、

このまま漆喰を塗ってごまかしても、捨て金になるだけです。

写真の順を追って、説明していきます。

 

 まず、下の写真です。水が浸入して、屋根土が粉の状態になっています。

棟土台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土台:雨浸入

 

 

 土台の土を掻き出したところ、ご覧のとおり、水が浸入して、

細かい状態です。正常な状態なら、大きい土の塊(かたまり)が

出てこなければいけません。この状態で漆喰を塗っても見掛けが

良くなるだけだということが、お解りいただけるでしょう。

横からの浸入だけでなく、上からの浸入も防ぐ必要があります。

原因は、一番下の「のし瓦」の積み方が間違っています。

勾配を付けず、ほぼ水平に積んであります。

 

 

nosi  本来の正しい棟の積み方は左の写真のように、勾配をつけて、のし瓦を積み上げていきます。この勾配がなければ雨漏りの原因となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ替え

  棟の土台の入れ替え途中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ替え済み

 

 

 棟の土台の入れ替えが完了しました。上からの水が浸入しないように、瓦用シリコンで、目詰めをしました。これでひとまずは安心です。

 

 

 

 

 

 

 

完工2

        完工しました。       H.27.8.7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! 受付時間(8:30~19:00) フリーダイヤル:0120-080-240
  • お問い合わせ