荒尾市において瓦の葺き替えを行います。  太洋瓦総工

台風19号が過ぎて、蒸し暑い中での着工です。

予報では曇りでしたが、蒸し暑いので、無理せずに休憩を取りながらの作業です。

瓦を剥いだら、下地はご覧のとおり、ボロボロです。

野地板は、変形しているし、粘りがなく、何度も足を踏み込みました。

野地板の重ね張りで安全に仕事が出来ます。

 

屋根下地材のルーフィングを張り終え、桟木(瓦を並べる材木)を打つ為の墨打ちを終えて今日の作業は終わります。 H.30.8.23

瓦を並べるための桟木を打って、あとは瓦の搬入を待つだけです。

H.30.8.25

 

瓦が到着して、クレーンで瓦上げです。

順調に仕事が進み、地きが終わりました。 H.30.8.30

棟の部分には金具を打って、隙間をなんばんで埋めました。

必死に仕事をしていたので、写真を撮り忘れました。 雨がパラパラ降って嫌な天気です。施主様には悪いのですが、他の現場に行きます。

H.30.8.31

ケラバ(袖)部分が完了しました。

棟も終わりました。完工です。

H.30.9.1

 

 

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! 受付時間(8:30~19:00) フリーダイヤル:0120-080-240
  • お問い合わせ