荒尾市 市屋においてずれた瓦の修正・・・太洋瓦総工

泥葺き屋根の瓦を修正します.

屋根瓦が全体的にずれています。この瓦を納め直します。

軒先の状態です。

軒瓦を全部剥いで、瓦座を打ち直します。新しい板を打って、ステンレスビスで軒瓦を固定します。

中間にも新しい板を入れて、瓦がずれないように、固定します。

上屋根のずれた瓦を納め直しました。

納めた瓦を全面接着し上屋根工事は終わりました。

続いて、下屋根の工事になります。 H.30.3.20

70年程経過した屋根瓦を剥ぎます。

泥葺きの屋根はかなり雨水が浸入しているようです。

板もかなり傷んでいます。大工さんに下地を作り直してもらい、三州瓦に葺き替えます。 H.30.3.23

大工さんから下屋根の工事が終わるとの連絡がありました。

下地をすべて、作り変えた様子です。

ルーフィングを張って、桟木を打ちました。明日は瓦を搬入します。 H.30.3.27

H.30.3.28 今日は瓦の搬入です。

壁際に分厚い板金が施工してあるので、外せません。面倒な仕事です。

こちらの壁は上部が空きすぎです。金網を張って、なんばん漆喰で塗り上げます。

完工しました。正面からの様子です。

横からの様子です。  H.30.3.29

 

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! 受付時間(8:30~19:00) フリーダイヤル:0120-080-240
  • お問い合わせ